手間のかかる組織改善を簡単に行なう方法を伝授

文書を一元管理する方法

紙の書類や社内コンピュータに分散している文書を一元管理できれば、検索性が向上して業務効率が改善されます。紙の書類でもスキャンした上でPDF化することにより、文書管理システムに組み込むことが可能です。文書管理システムにはサーバー型とクラウド型の2種類があり、いずれも強固なセキュリティに守られています。

定期的な実施が効果を出す

オフィス

アウトソーシングで依頼

社内の組織は年月が経過すると動きが必然的に鈍くなります。そのため組織は敵的に入れ替えを行うなど組織改善を行う事が求められます。流れが良い時ほど組織改善の効果が大きくなります。流れが良いときに組織をそのままにすることが良いと判断されがちですが、流れが良い時には、個々のパフォーマンスも最大限発揮できている時です。その流れを違う組織で発揮してもらうことで、伝播させることが可能になるのです。そのため、流れが良い時ほど組織改善を行う事が効果的なのです。社内で自主的に組織改善を行う事もできますが、外部にアウトソーシングを依頼することも可能です。この場合、大々的な組織改善を行う事を目的とする場合に役立ちます。外部のアウトソーシングを活用する際には、それなりのコストが必要になります。着地点を明確にするなど改革の成果をイメージしておくことが大事なポイントになります。組織の改善は、能動的に動かないと実現することはできません。そのため、改善するという意識を全員が持つことが最も大事なのです。しかし人は新しい環境へのストレスを否定するものです。そのため、積極的に動ける人より、そうでない人のほうが多いのが一般的なのです。アウトソーシングのベテランは、この流れを理解したうえでの、戦略をとる事で改善を行います。どのように人を動かすことで最も効率的な改善活動ができるのか抑えているのです。そのため、アウトソーシングを依頼するためには、経験と実績を持った会社を選ぶことが大事なのです。

ミーティング

働きやすい会社づくり

ストレスチェックを1年に1回行うことが義務化されました。これは仕事のストレスが原因で心を病む社員が増えてきたためです。心の病の為に休職せざるを得なくなり、労災補償を請求されることもあります。ストレスチェックを実施して早めに社員の不調に気づけば、社員も働きやすくなり会社も負担を減らせます。

PCを見る女性

現地経営の合理化

香港は日本国内より税制面で有利なためビジネスにも最適な地ですが、財務諸表の監査や税務申告も必要です。そのような経理業務や会計監査を現地の会計事務所等に代行してもらうことで、香港ビジネスも合理化できます。面倒な監査や会計業務を代行サービスに一任すれば、経理担当者も不要となって人件費が節約できるのです。