手間のかかる組織改善を簡単に行なう方法を伝授

働きやすい会社づくり

ミーティング

心の病になるのを防ぐ

2015年から従業員が50人以上いる企業は、従業員のストレスチェックを実施することが義務化されるようになりました。1年に1回仕事で過度な負担を強いられていないかや、疲れが溜まっていないか不安や焦りを感じていないかなど心身の状態を調べるテストを行います。また他の従業員とコミュニケーションが取れているかや仕事上での連携に問題はないかなどがテスト項目に含まれます。こういったストレスチェックテストは各企業で作成することもできますが、質問内容に科学的根拠があることが必要です。厚生労働省がストレスチェック調査票を用意している他、企業が販売しているストレスチェック票を利用することもできます。ストレスチェックが義務化されたのは仕事の負担が大きかったり、職場での悩みを抱えてしまうことでうつ病などの精神疾患にかかる人が増えてきたからです。体の不調は健康診断を受ければ発見できていましたが、心の不調は今まで見過ごされがちでした。しかし近年心に不調を抱える社員が増えてきたことで、業務に支障をきたすことも増えました。また心に悩みを抱えることで休職や退職をする社員もいます。これは会社にとって大きな損失です。また仕事のストレスが原因で心の病気にかかったことがわかれば、労災補償請求もされます。近年こういったストレスが原因の労災補償が認定されることが増えており、これも会社の負担になります。ストレスチェックを行って発病する前に心のケアをしたり、仕事内容を見直すことで社員も働きやすくなり会社の負担も減らすことができます。